ヒロミさんとマナのゆるゆるHandmade『ばくのあくび』の作品や活動を紹介しながら、マナのつれづれごとも聞いてね。
自分仕様
JUGEMテーマ:ゆるゆる手仕事。
 
マイバック

息子のズボンとおそろいで♪
普段使いのばっくをひとつ。

マイバック2マイバック3マイバック4

入れるものが決まっているので、ぴったりと収まるポケットをつけました。
なかなかの使い心地。
・・・・ですがやっぱり、ちょっと小さかった・・・
荷物減らそう、自分・・・・。




つくってみました comments(0) trackbacks(0)
文化的活動の秋
小学生も、幼稚園児も、
学習発表会の練習の真っ最中な秋のおわりの今日このごろ。

一生懸命な様子に、なんともいえない可愛らしさや
頼もしさ、を感じつつも、
なんとか熱をださずに本番を迎えてくれれば・・・と、
結局はそこんところを祈るばかりです。

娘は幼稚園時代2年とも、当日高熱をだし、
座薬が効いている間をぬってもうろうとしながら参加したり、
まったく動けず欠席したり、散々・・・・。
小学校にあがってはじめて元気に舞台にのぼる姿を見て
母は劇の冒頭のなんでもないシーンから号泣してタオルを握りしめていたものです(笑)。

今年入園の息子の辞書には「人前で緊張する・物怖じする」という言葉がないですから(笑)、今から期待も大なのですが。
すごく頑張っているみたいなので、なんとか平和に本番を迎えてもらいたいです。

おさる衣装
そんな彼のおさるの衣装。
茶色い長Tはあいにく持ち合わせていなくて、縫ってみました。
茶一色じゃなくてリブに柄でも合わせてかわいくしたかったですが、
まぁ衣装として縫うのだから我慢(笑)。





つくってみました comments(2) trackbacks(0)
衣装
発表会のひよこの衣装、全身黄色とのことで・・・

黄色いタイツとタートルを購入し
あとは、黄色い水玉模様(本人チョイス)の
バルーンスカートを製作。

ひよこ

ひよこ2

トムとジェリーにでてくる、ジェリーの友達の黄色い鳥(あひる?)のおしりを思い浮かべつつつくりました(笑)。

そんな感じするでしょ?

・・・ひよことはかなり離れたかな・・・?


つくってみました comments(0) trackbacks(0)
幻のあったかくつした

編み物の季節ですね。
不思議なもので、気分がでてくると編まずにいられません。

ストーブに編み物。
いいなぁ、悪くない。
おうちの中はいい。
おうちばんざい。

編みかけ

そんな(どんな?)勢いで、
自分用のあったかくつしたを編んでいたのですが・・・
どうみても毛糸が足りない。
去年、帽子を編んだ残りで編み始めたのが間違い・・・でも、もしかして同じシリーズまた出てないかなと、買ったお店(ジャスコのパンドラハウス)へ行ってみるも、やはりなし。
店員さんが在庫を調べてくれ、まったくどこにも存在しないということが判明。

・・・そう、毛糸って一年限りなのよね。
どうしてか、売り場は毎年がらっと変わる。
原毛の色の毛糸、いいと思うんだけどな。
同じシリーズは見あたらない。
極太なので、さらにみあたらない。
どなたか余っていませんか?



・・・・でも、これ、結局、ほどきましたポロリ




つくってみました comments(2) trackbacks(0)
ママ服を使って・・・
気に入っていて、昔たくさん着たけれど、今となってはたぶんもう着ない。
そんな私の服に、思い切ってはさみを入れ、
娘用の服に縫い直してみました。

ナルキャミ

ナル

ナルキャミ3

重ね着ように、キャミソール風チュニック・・・とでもいいましょうか。
裾はそのまま。脇を縫って、あとはバイアス処理しただけの簡単リメイク。

ふわふわしていて微妙な色合い。
なんとも不思議な感じの好きな服でした。
気に入って、娘も着てくれると嬉しいのですが。

ナル

ナル



つくってみました comments(2) trackbacks(0)
お母さんのちょこっとばっく

 お母さんのかばん

冬のちょこっとばっく、母に作りました。
麻ひもで編んだちょこっとばっくを
夏の間、携帯と老眼鏡を入れて愛用してくれていたので、
冬らしい生地でまたつくりました。

お母さんのかばん2
黒のウールは、母が着ないからと出したスカートを拾ったもの。
内布は、「これ好き」と本人が気に入っていたみどり色の小花柄。

お母さんのかばん3

地味好きなので、飾りはステッチのみのシンプルなかばんにしましたが
なんとなくさみしいなと思っておまけで毛糸のぽんぽんのコサージュ風を
ピンでつけました。


また愛用してくれてたら嬉しい。


つくってみました comments(0) trackbacks(0)
かゆいところに手が・・・第二作
昨日にひきつづき紹介しますのは
ティッシュ入れミニ巾着・うさぎっこ デス。

うさぎちりかみ

うさぎちりかみ2

黒のギンガムの内布が、すこしうるさかったかなぁ・・・と反省の作品。ムニョムニョ
こちらも主な生地はガーゼです。



つくってみました comments(8) trackbacks(0)
かゆい時に手が届く(?)ティッシュどうかしら。
ティッシュって、使いたい時に、一刻も早くとり出したいですよね。
そんな願い(笑)をかなえられないかと、ちいさな巾着の外側にティッシュケースをつけてみました。
ティッシュ部分がポケットでもあります。

真っ白のガーゼにとりさんと、とりさんの足跡とりんご。
内布はお気に入りの赤と青のしましま。

とり2

とり

たとえばたとえば・・・
かばんの中にハンドクリームとリップクリームとサビオとそしてティッシュ。
かばんの中に保険証と診察券とそしてティッシュ。
公園に行くとき、携帯と鍵とそしてティッシュ。
風邪引き子供の枕もとに、体温計とトローチとそして鼻かみティッシュ。

・・・どう?使えそうじゃない?
え、ふつうのティッシュカバーでいいって?
そんな。
気に入って連作しちゃったのに。

明日も紹介するよ。イヒヒ


つくってみました comments(4) trackbacks(0)
フェルト時間

ナルは、以前一緒に羊毛フェルトをいじって覚えて以来、たまに発作的に、どーーーしてもフェルトボールが作りたくてしょうがなくなるらしい。
それがたいていは
「えー、今かよ(;-_-+」
っていうような時で、いつも私に嫌な顔をされてる(笑)。
そんなわけで、私が腰痛で寝たり起きたりしてても、おかまいなしに彼女の発作(笑)は唐突におきる。先週、ちょっと調子の良い時だったので、一緒にフェルト時間をしたのだった。

今回はボールはナルにまかせて私は新作に挑戦してみた。そしてみごとに失敗(>_<)!(笑)

ビンを、羊毛フェルトで包んでフェルト化する、という方法だが、まるでフェルト化がうまくいかない。いきなり強く擦りすぎたのか、ぼこぼことだまになり、片寄って剥がれてきて、日差しに透かすと、かなりの割合で羊毛が薄くて透けてしまっているところがある。どうにもならなくなり、最後はニードルでぶすぶす刺してなんとか止め付けた。

痛みに気をとられてちゃんと落ち着いてモノづくりに向き合えないときには、なんにも作れないのだなぁ、、、と痛感。(;_;)

よくなったら再挑戦しよう。
また同じだったりしてね。(^o^;


つくってみました comments(5) trackbacks(0)
はじめての木工作品
フック

わたくしマナの初木工作品(と、言っていいのか・・・、汗)
家の端材に、内装の残りのペンキをぬって。
かなり前から買ってあったお気に入りの金具をとりつけて、やっと使えるものになりました。とは言っても、壁への取り付けをしたのは父です(笑)。
冬を前にやり遂げられてよかった・・・。

ビスを垂直にうつのって、実はとっても難しいのだねぇ。自分の不器用さ、非力さが身にしみました。


***かかっている素敵なハンガーは、まゆまゆさん作です***



つくってみました comments(2) trackbacks(0)
| 1/2 | >>